Zto通信

Zto通信では、その時々にあったオススメのアイテムやお手入れ法をアドバイスしています! あなたの肌が今、本当に求めているお手入れをするための情報が満載です。


【Zto通信:vol.0297】

ブラッシングのこつ


寒い季節ですね。
冬はあまり汗をかきませんし、
乾燥して静電気も起きやすいので、ついつい
髪のブラッシングを怠る方も多いのではないでしょうか。
しかし、美しい髪のためには
シャンプー選びやスタイリング同様に
欠かすことの出来ない大切なヘアケアの一つなのです。


ブラッシングのメリットはたくさんあります。
第一に汚れを落とす、というもの。
髪に付着したほこりや汚れなどはもちろんのこと、
頭皮を刺激することによって
不要な角質や皮脂汚れも浮かせてくれます。
また、頭皮のマッサージ効果があるため、
血行を良くして栄養を行き渡らせてくれます!
更に髪をとかすことでキューティクルが整い、
またキューティクルが閉じることで
ダメージに強い髪になるのです。


ブラッシングのタイミングは
ドライヤーの仕上げや
朝のセットの時などが多いとは思いますが、
一番重要なのはシャンプー前!
髪を洗う前のブラッシングがとっても効果的なのです。
しっかりとブラッシングをすることと
お湯でしっかりと頭皮を洗うことで、
髪と頭皮の汚れの8割はとれる、と言われています。
このひと手間で、いつものシャンプーも泡立ちがよくなり
使う量も少なくて済みますし、
洗い上がりもさっぱりしやすくなります。


ブラッシングのこつですが
基本はまず毛先から!
いきなり頭頂部からバリバリと下へおろすと
もつれた髪に引っ掛かり、髪を痛める原因になってしまいます。
毛先から少しずつとかしていき
上から下へおろすのは最後にします。


次に重要な頭皮ですが
弾力があって柔らかめのブラシを使い
「下から上へ」とかすことがポイントです♪
毛流れに逆らって、ポニーテールを作るようなイメージで
行うと頭皮が柔らかくなり、血行も促進されます。


~~おすすめのブラシの種類~~
【猪毛】
弾力があり太めの毛なので、髪の量が多かったり太い方向き。
静電気が起こりにくいのも特徴。


【豚毛】
柔らかい毛質のため、髪が細くて柔らかい方向き。
コシもあるが猪毛より柔らかいので摩擦が軽減される。


【軟豚毛】
普通の豚毛よりもさらに柔らかいため、
髪の少ない人でも頭皮を痛めにくい。


【木材】
天然素材なので静電気が起きにくく、
使っているうちに油分がなじんで艶が出やすくなる。
ブラシの隙間があいているので毛が絡まりにくい。


【ナイロン】
頭皮ケアに最適。先端が丸くなっていて
弾力があるものがおすすめ。


【樹脂】
耐熱や耐水性にすぐれ、また耐薬品性もあるため
スタイリング向き。


動物の毛は静電気が起きにくく、
毛に含まれる油分で毛髪に艶が出やすいのがメリット。
樹脂やナイロンは価格が安く、
丸ごと水洗いができたりお手入れが簡単なうえ、
価格が安くてこまめに買い替えができるのが魅力。


自分の髪質に合うブラシを見つけて
美髪を目指しましょう!





Zto通信一覧

このページのトップへ