スキンサイクルケアという考え方


スキンサイクルケアという考え方

洗う+水分補給+保湿の3ステップを毎日、毎月、毎シーズン…。その時々にあわせたケアをじっくりとしていくことで健康な肌の生まれ変わりのスキンサイクルに導いていきます。


毎日のお手入れによって、健康なスキンサイクルへ

お肌の生まれ変わりのサイクル(=ターンオーバー)は28日周期。表皮の奥にある基底層で生まれた細胞が成長しながら表皮に上がり、最後は垢となって剥がれ落ちるという新陳代謝を繰り返しています。ただし、28日周期というのは健康なお肌の場合。お肌の状態、加齢やストレス、日焼け、有害物質などの影響によってこのサイクルが年齢+28日ぐらいまで長くなってしまいます。また、このサイクルが短すぎても未熟な細胞が増えてしまい新陳代謝は改善されません。そこで、28日というベストな周期に戻していくのが、Ztoの狙いです。

使ってみてすぐ効果がでる方、ゆっくりと効果がみられる方、お肌のレスポンスは人それぞれです。毎日、毎月、毎シーズン、自然のサイクルや自分なりのカラダのリズムに合わせてじっくりとケアすることが大切です。毎日のお手入れによって、健康なスキンサイクルへ。赤ちゃんのような、より自然に近い状態に甦らせる。それが、Ztoの『スキンサイクルケア』なのです。

1日ケア

午後10時〜午前2時の間は、お肌を休めてあげましょう。

1日のうち、お肌が活性化し、新しくなろうとするのは夜。午後10時~午前2時のあいだに最も活発になると言われています。寝不足などでお肌が荒れてしまうのは、そのせいです。夜しっかりお手入れをして、できればこの時間帯は眠りに就くように心がけましょう。

1ヶ月ケア

自分の周期を知ってその時々のお手入れを。

生理前はニキビができやすい…、生理中はお肌がかさつく…など、生理前後のいろいろな悩みの声も集まっています。これは2つの女性ホルモンの影響によるもの。お肌はいくらお手入れしても効果がでにくい時期があり、逆に何もしなくてもお肌の調子がいいという時もあります。自分の周期を知って、その時々に合ったお手入れをしていきましょう。

季節のケア

自分の肌の質にあった季節のお手入れを心掛けましょう。

お肌は気温や湿度に影響されやすく、季節によって違うお手入れが必要です。春は空気も乾燥しがちで、ほこりっぽく、皮脂の分泌も増えてきて、ニキビや肌荒れが気になる季節。またこの時期は、紫外線にも要注意です。夏は、一見潤っているようにも見えますが、日焼けや冷房による乾燥に注意しなくてはなりません。秋は、比較的肌トラブルの少ない季節。そして冬、やはり気になるのは乾燥です。寒いと新陳代謝も悪くなり、お肌のチカラが低下しやすい時期です。自分のお肌の変化を見ながら、季節に合わせて少しずつお手入れ方法やアイテムの使い分けを試みてはいかがでしょうか。


Ztoについて トップへ戻る

このページのトップへ


  • 会社案内
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • メールマガジン